自然観察雑記帳> > 菌類 >きのこ >タマシロオニタケ

自然観察雑記帳/サイト内検索
タマシロオニタケ(玉白鬼茸)
テングタケ属 Amanita Pers.
学名 Amanita sphaerobulbosa Hongo
撮影/October,01,2014
◎担子菌門   [Basidiomycota]
◎ハラタケ亜門 [Agaricomycotina]

◎ハラタケ綱  [Agaricomycetes]

◎ハラタケ亜綱 [Agaricomycetidae]

◎ハラタケ目  [Agaricales]

◎テングタケ科 [Amanitaceae]
◎テングタケ属 [Amanita]

・[Amanita]
   (トルコ南部のテングタケの多い山名)
◎発生時期/夏〜秋。

◎発生場所/ブナ科の樹林下。

◎生え方/地上に群生、単生、散生。
◎大きさ/小形〜中形。傘径3〜7cm。柄長8〜14cm。

◎分布/日本(本州以南)。

◎食・毒/有毒。ペンチン酸、ヘキサジエン酸などの毒性の強い成分を含む。

・傘/鐘形→饅頭形→扁平。表面は粘性なく全面に角錐状の小いぼを多数つけるが脱落しやすい。
・肉/白色で薄い。
・ひだ/白色、密。縁部は粉状。
・柄/径6〜8mm、ほぼ円柱形で基部はカブラ状に膨大する。表面は白色、綿くず状から繊維状の小鱗片に覆われる。つばは白色膜質。
・大きい画像はこちら。
・写真検索はこちら/@ A B
・きのこ解説/@用語 A図解
※判断自信度 ★★★★★
※メモ  
五十音順索引  写真
--関連ページ--

シロオニタケ

ササクレシロオニタケ

ドクツルタケ

シロウロコツルタケ

タマゴタケ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ