自然観察雑記帳> > 山の幸 >ノゲシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
のげし(野罌粟)
キク科、ノゲシ属の越年草
学名  Sonchus oleraceus
撮影/April,01,2003

別名/はるのげし、あざみぐさ、ちちぐさ

◎採取時期/一年中。

◎採取場所/草原、荒地、道端。

◎花期/春〜秋。

◎利用部/若葉、若苗。

いたる所に生えている雑草。全体が白い粉を浴びたような緑色で、葉や茎を折ると白い乳汁を出す。

・山野草「ノゲシ」。

食べ方  天ぷら、和えもの、炒め物。天ぷらは、薄く衣をつけて揚げる。和えものは、一つまみの塩を入れた熱湯で茹で水にさらす。

薬効  健胃、整腸、鎮静。

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

タンポポ

オオバコ

ギシギシ

コウゾリナ

コオニタビラコ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ