自然観察雑記帳> > 山の幸 >ギシギシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ぎしぎし(羊蹄)
タデ科、ギシギシ属の多年草
学名  Rumex japonicus
撮影/March,15,2003

別名  おかじゅんさい、うますかんぽ

◎採取時期 11月〜4月。

◎採取場所  あぜ、河原、野原。

◎花期  5月〜8月。

◎利用部  若芽。 

・強い酸味とぬめりがあり独特の味がする。葉の縁が波打っている事で「すいば」と区別できる。

・地下に黄色で太い根があり、薬に用いられる。

・蓚酸カルシウムを多く含むので、食べ過ぎると下痢や胃腸の粘膜がただれる事もある。

・山野草「ギシギシ」。
葉の根元に出た、膜で包まれた若芽を摘む。
・熱湯で茹で、水にさらす。
食べ方 和えもの、酢のもの、汁の実、漬物。 膜を取ってよく茹で、水にさらしあくを抜いて料理する。
薬効  根には、いんきん、たむし、便秘に効果がある。根(羊蹄)を秋に掘り、天日乾燥させたものを煎じて飲むと、便秘に効く。いんきん、たむしには、煎じた汁を塗る。詳しくはこちらへ

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

スイバ

ドクダミ

ゲンゲ

イタドリ

コウゾリナ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ