自然観察雑記帳> > 山の幸 >コオニタビラコ

自然観察雑記帳/サイト内検索
こおにたびらこ(小鬼田平子)
キク科、ヤブタビラコ属の越年草
学名 Lapsana apogonoides
撮影/April,28,2004

別名  たびらこ。

 

◎採取時期  2月〜4月。

◎採取場所  水田。

◎花期  3月〜5月。

◎利用部  葉。

・春の七草の一つ「ほとけのざ」と呼ばれ、早春、水田に緑や紫がかった葉を広げているものを株元から採集する。

・田平子は水田にロゼット状に葉を広げる様子を表したもの。

・春の七草は「せり」 「なずな」 「おぎょう」 「はこべら」 「ほとけのざ」 「すずな」 「すずしろ」

・正式な「ホトケノザ」の名の植物は、シソ科の植物で食べられないので間違わないように。 

・山野草「コオニタビラコ」。

食べ方  七草粥、和えもの、汁の実、天ぷら。

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

セリ

ナズナ

ハハコグサ

ハコベ

タネツケバナ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ