自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >フキ

自然観察雑記帳/サイト内検索
フキ(蕗)
キク科、フキ属
学名  Petasites japonicus
撮影/March,31,2004

◎キク科、多年草。

◎分布 本州、四国、九州、沖縄。

◎高さ 20〜60cm。

◎花期 3月〜5月。

◎生育地 野原、丘陵など。

・苞に包まれた花茎が「フキノトウ」で、早春の味として親しまれている。

・葉は幅15〜30cmの腎円形。葉柄は長さ60cm、直径1cmほどになり煮物などの食用になる。

・葉が出る前に花茎を伸ばし、散房状に頭花をつける。

・雌雄異株。雄株の頭花は黄白色、雌株の頭花は白色。

食用薬用

山野草(合弁花類)/写真検索はこちら
ロゼット(根生葉)・若葉/写真検索はこちら。
「フキノトウ」
「雄株」
「雌株」
「若葉」 撮影/April,08,2014

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperm
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎キク類 Asterids
◎キキョウ類 Campanulids
 (真正キク類U Euasterids U)

◎キク目 Asterales 

◎キク科 Asteraceae

◎フキ属 Petasites 

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ フキ属の頭花には舌状花はない。同じ仲間で、東北や北海道、北陸地方で見られる巨大なものは「アキタブキ」と言う。

2013年12月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・春

--関連ページ--

アキタブキ

ツワブキ

ノブキ

ヨモギ

ハハコグサ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ