自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >アキタブキ

自然観察雑記帳/サイト内検索
アキタブキ(秋田蕗)
キク科/フキ属
学名  Petasites japonicus ssp. giganteus
撮影/September,03,2006

◎キク科、多年草。

◎分布/北海道、本州(東北地方、北陸地方)。

◎高さ/1〜2m。

◎花期/3月〜5月。

◎生育地/低地〜亜高山帯の川岸、林縁、道端など。

・「フキ」の変種、すべてが大きい。

・葉は花後に地下茎の先から伸び、腎円形で、縁に粗い鋸歯がある。葉身は直径1.5m、葉柄は長さ2mにもなる

・雌雄異株。葉が出る前に花茎を伸ばし、頭花を散房状につける。雄株の頭花はすべて両性の筒状花で、黄白色。雌株の頭花は白い糸状の雌花と数個の両性花で、白色。

食用

山野草(合弁花類)/写真検索はこちら

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperm
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎キク類 Asterids
◎キキョウ類 Campanulids
 (真正キク類U Euasterids U)

◎キク目 Asterales 

◎キク科 Asteraceae

◎フキ属 Petasites 

APG分類体系V/写真検索
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 北海道に行った時に初めて見て、けた違いの大きさに「お化けブキ」だと思った。そこらじゅうに生えている。花は ? フキノトウは ? いったいどの位の大きさなんだろう・・・見てみたい。同じ仲間「フキ」。

2013年12月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・春

--関連ページ--

フキ

ツワブキ

ヒメジョオン

ハルジオン

ヒメムカシヨモギ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ