自然観察雑記帳> > 山の幸 >アキタブキ

自然観察雑記帳/サイト内検索
あきたぶき(秋田蕗)
キク科 フキ属の多年草
学名 Petasites japonicus var. giganteus
撮影/September,04,2005

別名  えぞぶき

 

◎採取時期  つぼみは3〜4月。葉柄は5〜8月。

◎採取場所  平地から山地の湿った原野。

◎花期  3〜5月。

◎利用部  つぼみ、葉柄。

・東北地方以北に普通に生えていて、葉の直径は1m以上にもなる。

・茎は紫色を帯びていて、緑色の強いものを選んで採取する。

 

・秋田や北海道では、佃煮の材料などとして栽培されている。
食べ方 つぼみ(ふきのとう)は刻んでさっと茹で、フキ味噌、汁の実など。葉柄は茹でて皮をむき、きゃらぶき、油炒め、佃煮などにする。
薬効  鎮咳、健胃。

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

フキ

ツワブキ

カタクリ

クズ

ゼンマイ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ