自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ハハコグサ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ハハコグサ(母子草)
キク科/ハハコグサ属
学名  Gnaphalium affine
撮影/May,17,2003

◎キク科、多年草。

◎別名/オギョウ、ゴギョウ。

◎分布/日本全土。

◎高さ/15〜40cm。

◎花期/4月〜6月。

◎生育地/道端、畑、など。

・頭状花の冠毛がほおけ立つことからホオコグサ、これが転訛してハハコグサになったと言う説がある。昔は若葉をヨモギの代わりに餅につきこんでいた。

・茎葉は長さ2〜6cm、幅0.4〜1.2cm、へら形〜倒披針形。

・短く枝分かれした茎先に黄色い小さな頭花を多数つける。

食用薬用

山野草(合弁花類)/写真検索はこちら
ロゼット(根生葉)・若葉/写真検索はこちら。

「根生葉」 撮影/January,20,2014

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperm
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎キク類 Asterids
◎キキョウ類 Campanulids
 (真正キク類U Euasterids U)

◎キク目 Asterales 

◎キク科 Asteraceae

◎ハハコグサ属 Gnaphalium 

APG分類体系V/写真検索
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 春の七草の一つでオギョウ、ゴギョウとも言う。同じ仲間で、ハハコグサに対して「チチコグサ」がある。

2013年12月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・春

--関連ページ--

チチコグサ

ナズナ

コオニタビラコ

セリ

ハコベ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ