自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ムラサキウマゴヤシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ムラサキウマゴヤシ(紫馬肥やし)
マメ科/ウマゴヤシ属
学名  Medicago sativa
撮影/July,11,2007 北海道・占冠村

◎マメ科、多年草。

◎分布/地中海沿岸原産(帰化植物)。

◎高さ/30〜90cm。

◎花期/5〜9月。

◎生育地/牧場周辺、道端、空き地など。

・世界の温帯地域でマメ科牧草アルファルファとして広く栽培されている。日本には明治初期に導入された。

・茎はよく分枝して直立する。

・葉は3小葉からなり、小葉は長さ2〜3cm、幅0.5〜1cmほど。

・葉腋から花柄を出し、紫色で長さ1cmほどの蝶形花を数十個固めてつける。

山野草/写真検索はこちら

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎バラ類 Rosids
◎マメ類 Fabids
 (真正バラ類T EurosidsT)

◎マメ目 Fabales

◎マメ科 Fabaceae

◎ウマゴヤシ属 Medicago

APG分類体系V/写真検索
撮影/May,24,2021 愛知県
「豆実」 撮影/June,11,2021

※判断自信度

★★★★★

※メモ

同じ仲間「ウマゴヤシ」「コメツブウマゴヤシ」「コウマゴヤシ」「モンツキウマゴヤシ」など。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

2021年5月---写真を追加しました。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

ウマゴヤシ

コメツブウマゴヤシ

ゲンゲ

シロツメクサ

ムラサキツメクサ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ