自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >コメツブウマゴヤシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
コメツブウマゴヤシ(米粒馬肥やし)
マメ科、ウマゴヤシ属
学名  Medicago lupulina
撮影/June,05,2006

◎マメ科、一〜二年草。

◎分布 ヨーロッパ原産(帰化植物)。

◎高さ 30〜60cm。

◎花期 5月〜7月。

◎生育地 道端、空き地など。

・小さな豆果を米粒に見立てこの名がある。江戸時代に渡来し各地に帰化している。

・茎は基部から分枝し地を這うか、斜上する。

・葉は3小葉からなり、小葉は長さ0.7〜1.7cm、幅0.6〜1.5cmの倒卵形〜円形。

・葉腋から花柄を出し、長さ3〜4mmの蝶形花を20〜30個集まって球状につける。

・豆果は長さ約2.5o、先の方だけ半回転し、熟すと黒くなる。
山野草/写真検索はこちら
「豆果」

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎バラ類 Rosids
◎マメ類 Fabids
 (真正バラ類T EurosidsT)

◎マメ目 Fabales

◎マメ科 Fabaceae

◎ウマゴヤシ属 Medicago

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 同じ仲間は「ウマゴヤシ」「ムラサキウマゴヤシ」など。仲間は違うが良く似たものに、シャジクソウ属(Trifolium)の「コメツブツメクサ」「クスダマツメクサ」がある。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・春

--関連ページ--

ウマゴヤシ

ムラサキウマゴヤシ

コメツブツメクサ

クスダマツメクサ

ミヤコグサ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ