自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >クサノオウ

自然観察雑記帳/サイト内検索
クサノオウ(瘡の王)
ケシ科、クサノオウ属
学名  Chelidonium majus var. asiaticum
撮影/May,22,2003

◎ケシ科、二年草。

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎高さ 40〜80cm。

◎花期 4月〜7月。

◎生育地 日当たりの良い草地、道端など。

・茎を切ると黄色の汁が出ることから「草の黄」とか、皮膚病に効くので「瘡の王」、薬草の王様という意味で「草の王」など、名前の由来ははっきりとはしていない。

・全体に縮れた毛があり、白っぽく見える。

・葉は1〜2回羽状に裂ける。

・葉腋から柄を出し、散形状に4〜10個の4弁花をつける。花は黄色で直径約2cm。

・薬用。有毒

山野草/写真検索はこちら
ロゼット(根生葉)・若葉/写真検索はこちら。

撮影/April,21,2011
撮影/March,11,2014

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots

◎キンポウゲ目 Ranunculales

◎ケシ科 Papaveraceae

◎クサノオウ属 Chelidonium

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。学名「Chelidonium majus var. asiaticum」 → 「Chelidonium majus ssp. asiaticum」
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・春

--関連ページ--

タケニグサ

ナガミヒナゲシ

キケマン

ムラサキケマン

ジロボウエンゴサク
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ