自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ムラサキケマン

自然観察雑記帳/サイト内検索
ムラサキケマン(紫華鬘)
ケシ科、キケマン属
学名  Corydalis incisa
撮影/April,20,2004

◎ケシ科、二年草。 

◎分布 日本全土。

◎高さ 20〜50cm。

◎花期 4月〜6月。

◎生育地 湿った林縁、草地など。

・華鬘は仏殿の欄間などを飾る仏具のことで、それに見立ててこの名がある。

・葉は2〜3回羽状に細かく裂ける。

・茎の上部に長さ4〜12cmの花序を総状につけ、4〜20個ほどの花をつける。

・花は長さ1.2〜1.8cm、筒状で紅紫色。まれに白花もある。

有毒

山野草/写真検索はこちら


---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots

◎キンポウゲ目 Ranunculales

◎ケシ科 Papaveraceae

◎キケマン属 Corydalis

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 同じ仲間「キケマン」「ミヤマキケマン」「ジロボウエンゴサク」。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・春

--関連ページ--

キケマン

ミヤマキケマン

ジロボウエンゴサク

ヤマエンゴサク

タケニグサ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ