自然観察雑記帳> > 動物 >他の生物(爬虫類) >ニホントカゲ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ニホントカゲ(日本石竜子)
爬虫綱  有鱗目  トカゲ亜目  トカゲ科(スキンク科)
学名 Plestiodon japonicus
撮影/May,14,2006

◎分布 本州〜九州。

◎生息地 平地〜山地。

◎大きさ 16〜25cm。

◎食物 昆虫、ミミズなど。

・乾燥した草地など日当たりの良い所に多く、ほぼ全国に生息している。

・成体は全身に金属光沢があり、体側に鼻孔から尾の中央あたりまで黒褐色の線がある。

・幼体は縞模様があり、尾は鮮やかな青色をしている。

・敵に襲われると尾を自切して逃げる。
「幼体」 撮影/September,29,2005
撮影/October,19,2011

【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎脊索動物門    [Chordata]
◎脊椎動物亜門   [Vertebrata]

◎爬虫綱(爬虫類) [Reptilia]

◎有鱗目        [Squamata]

◎トカゲ亜目     [Sauria]
◎トカゲ下目     [Scincomorpha]
◎トカゲ科        [Scincidae]
◎トカゲ属       [Plestiodon]
◎ニホントカゲ   [Plestiodon japonicus]

撮影/April,02,2015
・大きい画像、他の画像へ覗く
他の生物/写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 「wikipedia」によると、2012年に東日本に分布する「ヒガシニホントカゲ」とに分けられたようです。境界線は若狭湾から琵琶湖を通り三重県内で中央構造線沿いに西走して和歌山県に抜けるライン以西が「ニホントカゲ」とのこと。

そこから考えますと、正確に言えばこの写真は「ヒガシニホントカゲ」かと思われますが、そのまま掲載しておきます。

他の生物(爬虫類)/索引  写真

--関連ページ--

ニホンカナヘビ

ニホンヤモリ

ヤマカガシ

アオダイショウ

ニホンマムシ

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ