自然観察雑記帳> > 動物 >他の生物(爬虫類) >ヤマカガシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ヤマカガシ(赤楝蛇)(山楝蛇)
爬虫綱  有鱗目  ヘビ亜目  ナミヘビ科  ヤマカガシ属
学名 Rhabdophis tigrinus 英名 Japanese grass snake
撮影/May,06,2004

◎分布 本州〜九州。

◎生息場所 平地〜山地の水辺。水陸両性。

◎大きさ 60〜140cm。

◎食物 カエルや小型魚類。

・無毒だと思われていたが、実際は猛毒を持つ。昼行性で性質はおとなしい。

・棲んでいる地域で体色の変異が激しいが、普通、赤と黒の斑紋が交互に並ぶ。

・交尾期は秋で、7月頃に数十個の卵を産む。

・口の奥に毒牙があるので、めったに噛まれて毒を注入される事は無いが注意が必要。
・首にも毒腺があり、首を強くつかむと毒が飛び散り、目に入ると危険。

撮影/October,07,2011

【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎脊索動物門    [Chordata]
◎脊椎動物亜門   [Vertebrata]

◎爬虫綱(爬虫類) [Reptilia]

◎有鱗目        [Squamata]

◎ヘビ亜目      [Serpentes]
◎ナミヘビ科      [Colubridae]
◎ヤマカガシ属   [Rhabdophis]
◎ヤマカガシ     [Rhabdophis tigrinus]

撮影/June,14,2012
・大きい画像、他の画像へ覗く
他の生物/写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 2012年6月---ツーショットの写真を追加しました。親子でしょうか ? それとも夫婦でしょうか ? ? ?
2014年8月---関連ページへのリンクを作成しました。

他の生物(爬虫類)/索引  写真

--関連ページ--

アオダイショウ

シマヘビ

ジムグリ

ヒバカリ

ニホンマムシ

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ