自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鱗翅目(チョウ目) >ツマキチョウ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ツマキチョウ(褄黄蝶)
鱗翅目(チョウ目)  シロチョウ科  モンシロチョウ(シロチョウ)亜科
学名 Anthocharis scolymus
「雄」 撮影/April,26,2011

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 3〜5月。

◎大きさ 前翅長20〜30mm。

◎食草 アブラナ科の「タネツケバナ」「イヌガラシ」「ハタザオ」「ヤマハタザオ」など。

◎越冬状態 「蛹」。
・雄の前翅の先が橙黄色をしたチョウ。翅表は白色で、前翅中央に黒斑がある。
・雌には前翅の橙黄色の斑はなく、後翅の裏面は雌雄ともに大理石模様をしている。

・平地〜低山地の林縁、草地などで見られ、各種の花蜜を吸う。

・年1回、4月頃に発生し、蛹で越冬する。
「雌」

【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎節足動物門    [Arthropoda]

◎昆虫綱       [Insecta]

◎鱗翅目        [Lepidoptera]

◎アゲハチョウ上科 [Papilionoidea]
◎シロチョウ科      [Pieridae]
◎モンシロチョウ亜科 [Pierinae]
◎ツマキチョウ属    [Anthocharis]
◎ツマキチョウ  [Anthocharis scolymus]

「雌」 撮影/April,19,2013
・大きい画像、他の画像へ覗く
チョウ写真検索はこちらへ。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 普通に飛んでる所を見ると「モンシロチョウ」だと思ってしまうが、意識して見れば黄色い斑がチラチラ見える。しかし、なかなか止まってくれない・・・今回、ようやく撮ることが出来ましたが、チャンスはわずか数秒。

チョウ目・索引  写真

--関連ページ--

モンシロチョウ

/シロチョウ科

モンキチョウ

/シロチョウ科

キタキチョウ

/シロチョウ科

タネツケバナ

/アブラナ科

ヤマハタザオ

/アブラナ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ