自然観察雑記帳/サイト内検索
セスジスズメ
鱗翅目(チョウ目)  スズメガ科  ホウジャク亜科
学名 Theretra oldenlandiae
「終齢幼虫」 撮影/October,06,2012
「成虫」

◎分布 北海道、本州、四国、九州、対馬、屋久島、沖縄。

◎時期 6〜10月(年2回)。

◎大きさ 開帳 50〜70mm。

◎越冬状態 「蛹」。

「幼虫」

◎時期 6〜10月。

◎大きさ  体長 80〜85mm。頭幅 約4mm。

◎食草 「ヤブガラシ」「ノブドウ」「サトイモ」「サツマイモ」「カラスビシャク」など。

・「終齢幼虫」 体は黒褐色で、側面は多数の白点を密布し、気門下線は白条となる。尾角は8〜10mmで細長い棒状。
覗く
幼虫写真検索はこちらへ。
「若齢幼虫」
・第1〜第7腹節にはそれぞれ一つずつ眼状紋があり、第1と第2節は黄色、第3節以後のものは赤色。
 
・「若齢幼虫」 体は一様に黒色。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 眼状紋の色が綺麗な幼虫。特に若齢幼虫の色彩は鮮やかです。写真は同じ日の撮影ですが、ぱっと見、同種だとは思いませんでした。

チョウ目・ガ類索引

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ