自然観察雑記帳/サイト内検索
オオスカシバ(大透翅蛾)
鱗翅目(チョウ目)  スズメガ科  ホウジャク亜科
学名 Cephonodes hylas
「緑色型」 撮影/October,26,2010

「幼虫」

◎時期 5〜10月。

◎大きさ 体長 60〜65mm。

◎食草 「クチナシ」など。

・緑色型と褐色型がある。
・頭部は円形で巾5mm。胴部は円筒形。背楯は明瞭で大形の顆粒を配列する。尾角は長さ約8mmで先端は尖る。
・[緑色型] 胴部は黄緑色で、背面は青白色を帯びる。中胸節より尾角基部まで白色の側線が走り、その復縁に沿って各環節に1個ずつの藍黒色点紋がある。
・[褐色型] 胴部は赤褐色で、背楯、尾角、肛上板などは黄色を帯びる。斑紋は緑色型と同様。
撮影/April,28,2014
「成虫」

◎分布 本州、四国、九州、対馬、沖縄。

◎時期 6〜9月(年2回)。

◎大きさ 開張 50〜70mm。

◎越冬状態 「蛹」。

大きい画像、他の画像へ覗く
蛾類/写真検索@ Aはこちらへ。
幼虫写真検索はこちらへ。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 2014年4月---成虫の写真を追加しました。よく見かける種ですが何時も逃げられてしまいます。今回は暫くの間、付き合ってくれました。

チョウ目/ガ類索引  チョウ類索引  写真

--関連ページ--

ホシホウジャク

ホシヒメホウジャク

ヒメクロホウジャク

キイロスズメ

セスジスズメ

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ