自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >コクゾウムシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
コクゾウムシ(穀象虫)
甲虫目/カブトムシ亜目/ゾウムシ上科/オサゾウムシ科/オサゾウムシ亜科
学名 Sitophilus zeamais Motschulsky, 1855
撮影/August,09,2017

◎分布/日本全土。

◎時期/7〜9月。

◎大きさ/2.9〜3.5mm。

◎食物/米、麦など。

・米、麦、トウモロコシなどに発生する害虫。世界的に分布する。
・成虫は年3〜5回発生し、20日間ほどで次世代になる。
・体は光沢のある赤褐色〜黒褐色、前胸背には点刻が密にある。上翅に赤褐色の斑紋がある個体が多い。

・完全変態/卵→幼虫→さなぎ→成虫

ゾウムシ上科の写真検索はこちら
甲虫目/写真検索はこちらへ
オサムシ/コガネムシ他
タマムシ/コメツキムシ/ハネカクシ他
カミキリムシ   ・ハムシ
ヒラタムシ/ゴミムシダマシ類
ホタル類   ・ゾウムシ類
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 我が家の米に発生しました。初めてだったので、取り出してモデルになってもらいましたが、あまりにも小さいのでこの程度にしか撮れませんでした。その後は・・・

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

オオゾウムシ

トホシオサゾウムシ

オトシブミ

ハイイロチョッキリ

ツバキシギゾウムシ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ