自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ツユクサ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ツユクサ(露草)
ツユクサ科、ツユクサ属
学名  Commelina communis
撮影/June,27,2003

◎ツユクサ科、一年草。

◎別名 「ボウシバナ」。

◎分布 日本全土。

◎高さ 30〜50cm。

◎花期 6月〜9月。

◎生育地 道端、草地など。

・茎の下部は地をはい、節から根をだしてふえ、上部は斜上する。

・葉は互生し、長さ5〜8cmの卵状披針形。

・花弁は3個、うち2個は大きく青色で、1個は白色で小さい。花は午前中に開く半日花。

食用薬用

山野草/写真検索はこちら

撮影/July,10,2015

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎単子葉類 Monocots
◎ツユクサ類 Commelinids

◎ツユクサ目 Commelinales

◎ツユクサ科 Commelinaceae

◎ツユクサ属 Commelina

APG分類体系V/写真検索

 
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 名前の由来は、花の汁をこすりつけて布を染めたことからツキクサ(着草)と言い、それが転訛したとか、日の出とともに咲き、昼にはしぼんでしまう花を朝露にたとえたものとか言われている。別名は苞の形を帽子に見立てたもの。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

ヤブミョウガ

イボクサ

ノハカタカラクサ

コナギ

ホテイアオイ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ