自然観察雑記帳> > 山の幸 >ツユクサ

自然観察雑記帳/サイト内検索
つゆくさ(露草)
ツユクサ科、ツユクサ属の一年草
学名  Commelina communis
撮影/June,27,2003

別名  ぼうしばな、あおばな

 

◎採取時期  5月〜9月。

◎採取場所  畑、道端、空き地。

◎花期  6月〜9月。

◎利用部  若茎、若葉、花。

・夏に青紫色の花が咲く。古くから、民間薬として親しまれ、花は絵の具として利用されてきた。

 
・山野草「ツユクサ」。

食べ方 葉や茎は、おひたし、和えもの、天ぷら。花はサラダやスープにそえる。アクもなくさっぱりした味。
薬効  風邪、のどの痛みなど、開花期に全草を刈りとって天日乾燥させ、煎じて服用する。煎液で洗うと、あせも、湿疹に効く。詳しくはこちらへ

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

イタドリ

シオデ

リュウノウギク

スミレ

シュンラン

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ