自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ヤマホタルブクロ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ヤマホタルブクロ(山蛍袋)
キキョウ科/ホタルブクロ属
学名  Campanula punctata var. hondoensis
撮影/June,20,2003

◎キキョウ科、多年草。 

◎分布/東北地方南部〜近畿地方東部。

◎高さ/40〜80cm。

◎花期/6月〜8月。

◎生育地/山地の丘陵や林縁。

・「ホタルブクロ」よりも山地に生えることによる。

・葉は互生、長さ5〜10cmの三角状卵形。

・花は紅紫色を帯びた釣鐘形。長さは4〜5cm。

食用

山野草/写真検索はこちら

「萼」 撮影/June,30,2014

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperm
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎キク類 Asterids
◎キキョウ類 Campanulids
 (真正キク類U Euasterids U)

◎キク目 Asterales 

◎キキョウ科 Campanulaceae

◎ホタルブクロ属 Campanula 

APG分類体系V/写真検索
撮影/June,24,2015
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 同じ仲間「ホタルブクロ」。ホタルブクロとの違いは萼片の間の湾入部がふくらむ。

2013年12月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

ホタルブクロ

ツルニンジン

ツリガネニンジン

シデシャジン

サワギキョウ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ