自然観察雑記帳> > 動物 >他の生物(爬虫類) >ジムグリ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ジムグリ(地潜)
爬虫綱  有鱗目  ヘビ亜目  ナミヘビ科  ナメラ属
学名 Elaphe conspicillata  英名 Japanese Forest Ratsnake
撮影/May,21,2007

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎生息地 山地の森林内など。

◎大きさ 70〜100cm。

◎食物 ネズミ、モグラなど。

・背面は赤褐色で、暗色の斑紋があり、腹面は市松模様をしている(地域により変異がある)。

・幼蛇の時は、成蛇と比べ鮮やかな色をしたものが多く、老齢になると灰色を帯びた色になる。
・性格は大人しく、毒は無い。日本固有種。
・4〜6月に交尾し、7〜8月に1〜7個の卵を産む。
撮影/June,16,2014

【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎脊索動物門    [Chordata]
◎脊椎動物亜門   [Vertebrata]

◎爬虫綱(爬虫類) [Reptilia]

◎有鱗目        [Squamata]

◎ヘビ亜目      [Serpentes]
◎ナミヘビ科      [Colubridae]
◎ナメラ属      [Elaphe]
◎ジムグリ       [Elaphe conspicillata]

・大きい画像、他の画像へ覗く

他の生物/写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 2014年8月---関連ページへのリンクを作成しました。

2015年7月---分類表を追加しました。「ナメラ属(Elaphe)」と記載しましたが、「ジムグリ属(Euperpiophis)」とする見解もあるようです。

他の生物(爬虫類)/索引  写真

--関連ページ--

アオダイショウ

シマヘビ

ヒバカリ

ヤマカガシ

ニホンマムシ

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ