自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鱗翅目(チョウ目) >ホソオチョウ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ホソオチョウ(細尾蝶)
鱗翅目(チョウ目)  アゲハチョウ科  ウスバアゲハ亜科
学名 Sericinus montela
「雄」 撮影/July,13,2011
「成虫」

◎分布 本州(局地的)。

◎時期 5〜9月。

◎大きさ 前翅長25〜35mm。

◎越冬状態 「蛹」。

・細長い尾状突起が特徴、韓国から人為的に持ち込まれた外来種。
・雄の翅表は白色に黒条があり、雌は黄白色に全体に発達した黒条がある。
・雌雄共に細長い尾状突起を持ち、後翅の中央に赤色斑、その外側に青色斑が並ぶ。
・平地の河川堤防や農地、公園など、食草の生える場所の周辺に生息し、各種の花蜜を吸う。
・年数回発生し、蛹で越冬する。
「雌(上)、雄(下)」

【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎節足動物門    [Arthropoda]

◎昆虫綱       [Insecta]

◎鱗翅目        [Lepidoptera]

◎アゲハチョウ上科 [Papilionoidea]
◎アゲハチョウ科   [Papilionidae]
◎ウスバアゲハ亜科 [Parnassiinae]
◎ホソオチョウ属   [Sericinus]
◎ホソオチョウ  [Sericinus montela]

「終齢幼虫」 撮影/July,03,2011
「幼虫」

◎大きさ 体長 約30mm。

◎食草 「ウマノスズクサ」など。


・大きい画像、他の画像へ覗く
幼虫写真検索はこちらへ。
チョウ写真検索はこちらへ。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 1980年代に局地的に定着し、人為的移入と考えられる。本種の移入により、同じ「ウマノスズクサ」が食草の「ジャコウアゲハ」に影響を与えるのではないかと、「環境省/要注意外来生物」に指定されている。

チョウ目・索引  写真

--関連ページ--

ナミアゲハ

/アゲハチョウ科

キアゲハ

/アゲハチョウ科

ジャコウアゲハ

/アゲハチョウ科

ウマノスズクサ

/ウマノスズクサ科

オオバウマノスズクサ

/ウマノスズクサ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ