自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ナガバオモダカ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ナガバオモダカ(長葉面高)
オモダカ科/オモダカ属
学名  Sagittaria graminea(weatherbiana)
撮影/April,30,2021

◎オモダカ科、多年草。

◎分布/北アメリカ原産(帰化植物)。

◎高さ/20〜60cm

◎花期/4月〜6月。

◎生育地/湖沼、ため池、水路など。

・1970年に国の天然記念物指定の京都の深泥池(みどろがいけ)で最初に発見され、現在は他の地域での野生化が増えている。
・熱帯魚の水草として「ジャイアントサジッタリア」の名で市販されている。
・要注意外来生物に指定。

・葉は長さ30pほどのへら形。

・花茎は長さ25〜60pで総状花序となり、3個の花弁からなる白い花をつける。

・日本で見られるものは雌花しかつけず、結実はしない。
山野草/写真検索はこちら
ロゼット(根生葉)・若葉/写真検索

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎単子葉類 Monocots

◎オモダカ目 Alismatales

◎オモダカ科 Alismataceae

◎オモダカ属 Sagittaria

APG分類体系V/写真検索
撮影/April,01,2021
撮影/April,10,2021
※判断自信度 ★★★★★
※メモ サジでも、ヘラでもない・・・もう何年も前から見ていて、疑問に思ってました。近くの緑地のビオトープ、おそらく誰かが植えたのでしょう。今は、かなり増えてます。

APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・春

--関連ページ--

オモダカ

ヘラオモダカ

ハゴロモモ

トチカガミ

ミズオオバコ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ