自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ハゴロモモ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ハゴロモモ(羽衣藻)
スイレン科/ハゴロモモ属
学名  Cabomba caroliniana
「花と浮葉」 撮影/August,23,2015

◎スイレン科、多年生の沈水植物。

◎別名/「フサジュンサイ」。

◎分布/北アメリカ東南部原産。

◎花期/7月〜9月。

◎生育地/池、湖沼、水路など。

・糸状に細かく裂けた葉を羽衣に例えた。

・北米原産の水草で、金魚や熱帯魚の水槽植物として導入されたものが逸出し野生化した。

・浮葉は長さ0.8〜1.8cmの楕円形または矢尻形。沈水葉は長さ1〜3.5cm、基部で5裂片に分かれ、さらに2〜3回二又状に分裂して糸状になる。

・花は白色で径約1.5cm、花被片は花弁状で6個、雄しべ6個、雌しべ3個。

山野草/写真検索はこちら
「沈水葉」

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms

◎スイレン目 Nymphaeales

◎ハゴロモモ科 Cabombaceae

◎ハゴロモモ属 Cabomba

APG分類体系V/写真検索
※判断自信度 ★★★★★
※メモ APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。APG分類体系Vでは、「スイレン科」から「ハゴロモモ科」へ変更されました。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

ジュンサイ

ヒツジグサ

オニバス

コウホネ

オゼコウホネ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ