自然観察雑記帳> > 菌類 >きのこ >チシオハツ

自然観察雑記帳/サイト内検索
チシオハツ(血潮初)
ベニタケ属 Russula (Pers. : Fr.) Gray
学名 Russula sanguinea (Bull.) Fr.
撮影/September,11,2014
◎担子菌門   [Basidiomycota]
◎ハラタケ亜門 [Agaricomycotina]

◎ハラタケ綱  [Agaricomycetes]

◎亜綱 -----

◎ベニタケ目  [Russulales]

◎ベニタケ科  [Russulaceae]
◎ベニタケ属   [Russula]

・[Russula] (赤い色より)
・[sanguinea]→血紅色の。
◎発生時期/夏〜秋。

◎発生場所/マツ林。

◎生え方/地上に単生、群生。
◎大きさ/中形。傘径3〜10cm。柄長3〜7cm。

◎分布/北半球温帯以北。

◎食・毒/不明。

・傘/饅頭形→扁平→浅皿状。表面は血赤色で湿時は粘性がある。周辺はやや淡色で短い溝線を生じ、表皮は剥がれにくい。
・柄/径0.9〜2.5cmの円柱形。表面にはしわ状の縦線があり、白色で淡紅色のぼかしを帯びる。
・肉/白色で表皮下は表面色を帯び、硬くて辛みがある。
・ひだ/上生〜やや垂生。密。白色のちクリーム色。
・大きい画像はこちら。
・写真検索はこちら/@ A B
・きのこ解説/@用語 A図解
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 見た瞬間に本種だと思ったのですが、傘が赤い他のベニタケ類との判別は難しく、色々と迷いました。柄がほんのわずかですが淡紅色を帯びていることから判断しましたが、さて、どうでしょう・・・。
五十音順索引  写真
--関連ページ--

シロハツ

シロハツモドキ

ウコンハツ

アイタケ

ヒビワレシロハツ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ