自然観察雑記帳/サイト内検索
イワガニ(岩蟹)
甲殻亜門/軟甲綱/十脚目(エビ目)/短尾下目(カニ下目)/イワガニ科
学名 Pachygrapsus crassipes
撮影/June,13,2014
◎別名/「アブラガニ」
◎分布/北海道南部〜九州。

◎大きさ/甲幅 30〜35mm。

◎生息地/高潮線付近の岩礁海岸。

・日本各地に普通に見られるが、1890年以降にアメリカ大陸から移入した外来種と考えられている。

・甲表面が円滑で油を塗ったような光沢があるため「アブラガニ」とも呼ばれる。

・甲は前にやや広い四角形で、多数の横縞が平行に並ぶ。鉗脚は円滑で無毛、長節内縁に葉状の突起がある。

他の節足動物/写真検索はこちら
動物/写真検索へ
水辺の鳥  山野の鳥  他の生物
他の節足動物  軟体動物他  蜘蛛
カミキリムシ  ハムシ  ホタル類
タマムシ他   コガネムシ他
テントウムシ他  ゾウムシ類
カメムシ類  ヨコバイ類  ハチ類
チョウ ガ@ A 幼虫  トンボ類
ハエ類  バッタ類  他の昆虫  
※判断自信度 ★★★★★
※メモ  

他の節足動物/索引

--関連ページ--

イソガニ

イシガニ

ケアシホンヤドカリ

イワフジツボ

フナムシ

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ