自然観察雑記帳/サイト内検索
オビガ(帯蛾)
鱗翅目(チョウ目)/オビガ科
学名 Apha aequalis
撮影/June,25,2014

◎分布/北海道、本州、四国、九州、屋久島。

◎時期/5〜6月、8〜9月。

◎大きさ/開帳 45〜59mm。

◎食草/「ハコネウツギ」「スイカズラ」など

・日本で見られる唯一のオビガ科の蛾で、一本の帯状紋が特徴。
・翅表の色は淡褐色〜濃褐色まで個体変異がある。
・大きい画像、他の画像へ覗く
ガ類/写真検索@ Aはこちらへ
チョウ類/写真検索はこちらへ
「腹面」
【昆虫/写真検索】
・鞘翅目/オサムシ・コガネムシ他
 カミキリムシ類 ハムシ類 
 タマムシ・コメツキムシ・ハネカクシ他
 ヒラタムシ ホタル類 ゾウムシ類
鱗翅目/蝶  蛾@ A  幼虫
半翅目/カメムシ類  ヨコバイ類
蜻蛉目 膜翅目 双翅目
直翅目 その他
※判断自信度 ★★★★★
※メモ  

チョウ目/ガ類索引  チョウ類索引  写真

--関連ページ--

コウモリガ

スカシサン

ヤママユ

ヒメヤママユ

クロメンガタスズメ

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ