自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >タカトウダイ

自然観察雑記帳/サイト内検索
タカトウダイ(高燈台)
トウダイグサ科、トウダイグサ属
学名  Euphorbia pekinensis
撮影/July,07,2004

◎トウダイグサ科、多年草。 

◎分布 本州、四国、九州。

◎高さ 30〜80cm。

◎花期 6月〜7月。

◎生育地 山野、丘陵など

・「トウダイグサ」より草丈が高いのでこの名がある。

・茎は直立、折ると白色の乳液が出る。

・葉は互生し、長さ3〜8cm、幅0.6〜1.2cmの長楕円状披針形。茎の先には5枚の葉が輪生する。

・茎頂と上部の葉腋に杯状花序をつける。総苞葉は5〜12mmの広卵形。

・薬用。有毒。

山野草(離弁花類)/写真検索はこちら
「杯状花序」

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎バラ類 Rosids
◎マメ類 Fabids
 (真正バラ類T EurosidsT)

◎キントラノオ目 Malpighiales

◎トウダイグサ科 Euphorbiaceae

◎トウダイグサ属 Euphorbia

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 同じ仲間は「トウダイグサ」「ナツトウダイ」「ノウルシ」など。道端や畑などでも見られる「ニシキソウ」「コニシキソウ」「オオニシキソウ」も同じ仲間。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。学名「Euphorbia pekinensis」 → 「Euphorbia lasiocaula」。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

ナツトウダイ

ニシキソウ

コニシキソウ

オオニシキソウ

エノキグサ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ