自然観察雑記帳> > 菌類 >きのこ >ハチノスタケ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ハチノスタケ(蜂巣茸)
ハチノスタケ属 Neofavolus
学名 Neofavolus alveolaris (DC.) Sotome & T. Hatt.
撮影/October,25,2014
◎担子菌門   [Basidiomycota]
◎ハラタケ亜門 [Agaricomycotina]

◎ハラタケ綱  [Agaricomycetes]

◎亜綱 ----

◎タマチョレイタケ目 [Polyporales]

◎タマチョレイタケ科 [Polyporaceae]
◎ハチノスタケ属 [Neofavolus]

・[alveolaris]→ハチの巣状の。
◎発生時期/初夏〜初冬。

◎発生場所/広葉樹の枯木、落枝上。

◎生え方/材上に単生、群生。
◎大きさ/小形〜中形。傘径2〜6cm。

◎分布/世界的。

◎食・毒/不食。

撮影/November,21,2014
・傘/半円形〜腎臓形。表面は淡黄茶色、濃色の細かい鱗片を帯びる。
・柄/傘の横につき短い。
・管孔/垂生し孔長1〜3mm、乳白色〜淡朱黄色。孔口は径1〜2mm程、放射状に長い蜂の巣状になる。
・肉/白色〜クリーム色、柔軟な革質。
・大きい画像、他の画像へ
・写真検索はこちら/@ A B
・きのこ解説/@用語 A図解
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 学名=『Polyporus alveolaris (DC.) Bondartsev & Singer』。[ Polyporus] タマチョレイタケ属→(多くの孔のある)
五十音順索引  写真
--関連ページ--

ヒイロタケ

ツリガネタケ

コフキサルノコシカケ

キウロコタケ

アミスギタケ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ