自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・直翅目(バッタ目) >クルマバッタモドキ

自然観察雑記帳/サイト内検索
クルマバッタモドキ(擬車飛蝗)
直翅目(バッタ目)  バッタ亜目  バッタ科
学名 Oedaleus infernalis
「褐色型」 撮影/September,24,2011

◎分布 全国。

◎時期 7〜10月。

◎大きさ 31〜45mm。

◎食物 イネ科などの植物の葉。

・「クルマバッタ」に良く似ていることからこの名がある。通常は褐色、まれに緑色型もある。

・前胸背には白いX字型の模様があるが、緑色型では不鮮明になる。

・不完全変態(小変態)。卵→幼虫→成虫。


・大きい画像、他の画像へ覗く
直翅目(バッタ目)写真検索はこちら。
【分類】
◎動物界        [Animalia]
◎節足動物門     [Arthropoda]

◎昆虫綱        [Insecta]

◎直翅目         [Orthoptera]

◎バッタ亜目      [Caelifera]
◎バッタ上科      [Acridoidea]
◎バッタ科       [Acrididae]
◎トノサマバッタ亜科 [Oedipodinae]
◎クルマバッタモドキ属
     [Odedaleus]
◎クルマバッタモドキ
    [Oedaleus infernalis]
「緑色型」 撮影/September,24,2011
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 2011年9月---4年ぶりに写真の入れ替えと緑色型の写真を追加しました。スライドショーも追加です。

バッタ目・索引  写真

--関連ページ--

クルマバッタ

/バッタ科

トノサマバッタ

/バッタ科

イボバッタ

/バッタ科

ヒナバッタ

/バッタ科

ヒロバネヒナバッタ

/バッタ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ