自然観察雑記帳> > 植物 > 樹木 >ハリエンジュ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ハリエンジュ(針槐)
マメ科/ハリエンジュ属
学名 Robinia pseudoacacia
撮影/April,19,2021
◎別名/「ニセアカシア」

◎被子植物/双子葉 離弁花。

◎分布/北アメリカ原産。

◎樹形/落葉高木。

◎樹高/15mほど。

◎花期/5〜6月。

◎生育地/----
・明治時代初期に渡来、砂防用に植えられていて、川岸や土手などに野生化したものも見られる。
・樹皮は淡褐色で縦の割れ目があり、枝には托葉が変化した棘がある。
山の幸 / 薬用植物

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎バラ類 Rosids
◎マメ類 Fabids
 (真正バラ類T EurosidsT)

◎マメ目 Fabales

◎マメ科 Fabaceae

◎ハリエンジュ属 Robinia

APG分類体系V/写真検索

・葉は互生。長さ12〜25cmの奇数羽状複葉で、3〜11対の小葉がほぼ対生する。小葉は長さ2.5〜5cmの楕円形で全縁。

・葉腋から長さ10〜15cmの総状花序を垂らし、白色の蝶形花を多数つける。花は長さ約2cm。

・果実は豆果で長さ5〜10cm、幅1.5〜2cm。10月頃に熟し、裂開して種子を出す。
樹木/写真検索
離弁花類(1) (2)
合弁花類・単子葉類・裸子植物
※判断自信度 ★★★★★
※メモ APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

樹木/科名別索引  五十音順索引

観察帳へ   写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ