自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >セトガヤ

自然観察雑記帳/サイト内検索
セトガヤ(瀬戸茅)
イネ科/スズメノテッポウ属
学名  Alopecurus japonicus
撮影/April,11,2021

◎イネ科、一年草。

◎分布/本州(関東地方以西)、四国、九州。

◎高さ/25〜60cm。

◎花期/3月〜5月。

◎生育地/水田、湿地など。

・「スズメノテッポウ」と混生するが数は少ない。

・葉は長さ5〜14cm、幅4〜6mmの線形。葉舌は白い膜質で長さ2〜4mm。

・花序は長さ4〜7cm、幅5〜8mmの円柱形で、黄緑色の小穂を密集して多数つける。

・小穂は長さ4〜6mmの狭卵形で小花は1個つく。雄しべは3個、葯は白色。芒は0.6〜1cm、小穂の外へ突き出る。
山野草/写真検索はこちら

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎単子葉類 Monocots
◎ツユクサ類 Commelinids

◎イネ目 Poales

◎イネ科 Poaceae

◎スズメノテッポウ属 Alopecurus

APG分類体系V/写真検索
撮影/April,26,2021
「小穂/雄しべの葯と芒」
※判断自信度 ★★★★★
※メモ APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

小穂が大きくて葯が白色、芒が長い事で「スズメノテッポウ」と見分けられる。

科名別索引  五十音順索引  写真・春

--関連ページ--

スズメノテッポウ

シバ

チカラシバ

ハルガヤ

スズメノカタビラ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ