自然観察雑記帳> > 菌類 >きのこ >ナスコンイッポンシメジ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ナスコンイッポンシメジ
(茄子紺一本占地)
イッポンシメジ属 Entoloma (Fr.) P. Kumm.
学名 Entoloma kujuense (Hongo) Hongo
撮影/September,06,2014
◎担子菌門   [Basidiomycota]
◎ハラタケ亜門 [Agaricomycotina]

◎ハラタケ綱  [Agaricomycetes]

◎ハラタケ亜綱 [Agaricomycetidae]

◎ハラタケ目  [Agaricales]

◎イッポンシメジ科 [Entolomataceae]
◎イッポンシメジ属 [Entoloma]

・[Entoloma]
 (ギリシャ語で巻いた縁を持つ)
・[kujuense]→九州久住山産の。
◎発生時期/夏〜秋。

◎発生場所/広葉樹林、アカマツ混生林下。

◎生え方/地上に単生〜少数群生。
◎大きさ/中形。傘径3.5〜9cm。柄長4〜9cm。

◎分布/日本(本州〜九州)。

◎食・毒/不明。

・傘/鐘状→低円錐形→中高扁平。表面は暗紫色〜濃青紫色、粘性はなく微細鱗片に覆われる。
・肉/白色。表皮下は表面色を帯びる。
・柄/径0.3〜1cm、上下同径〜下方やや太く、表面は暗紫色で微細な鱗片に覆われる。根元は白色の菌糸に包まれる。
・ひだ/白色→淡紅褐色。湾生〜離生。やや疎。
・大きい画像、他の画像へ
・写真検索はこちら/@ A B
・きのこ解説/@用語 A図解
※判断自信度 ★★★★☆
※メモ コンイロイッポンシメジ」との判断に迷いました。柄が条線ではなく微細な鱗片に覆われているようなので本種と判断しましたが、多少不安なところもあり4つ星にしておきます。何か気付かれた方はお知らせ頂ければ嬉しく思います。なお、当サイトは顕微鏡での観察は行っておりません。
五十音順索引  写真
--関連ページ--

コンイロイッポンシメジ

ヒメコンイロイッポンシメジ

ソライロタケ

アカイボカサタケ

キイボカサタケ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ