自然観察雑記帳> > 菌類 >きのこ >アンズタケ

自然観察雑記帳/サイト内検索
アンズタケ(杏茸)
アンズタケ属 Cantharellus Adans. : Fr.
学名 Cantharellus cibarius Fr. s. l.
撮影/September,26,2016
◎担子菌門   [Basidiomycota]
◎ハラタケ亜門 [Agaricomycotina]

◎ハラタケ綱  [Agaricomycetes]

◎亜綱 -----

◎アンズタケ目 [Cantharellales]

◎アンズタケ科 [Cantharellaceae]
◎アンズタケ属 [Cantharellus]

・[Canthadrellus] (取手付き大杯)
・[cibarius]→食用の。
◎一名/「コモタケ」
◎発生時期/夏~秋。

◎発生場所/針葉、広葉樹林下。

◎生え方/地上に単生、散生。
◎大きさ/中形。高さ3~8cm、傘径3~8cm。

◎分布/世界的。

◎食・毒/可食。フランス料理食材として珍重される。

・傘/不整円形で饅頭形→扁平→浅く窪み縁は不規則に波打つ。
・表面は卵黄色で平滑、粘性はない。下面のしわひだは厚く、互いに脈状に連結し、柄に垂生する。
・柄/長さ2~5cm、径0.5~1cm、不整円柱状で中実。
・肉/淡黄色、やや厚く肉質。アンズ様の香りがある。
「断面」
・大きい画像、他の画像へ
・写真検索はこちら/  
・きのこ解説/①用語 ②図解
※判断自信度 ★★★★★
※メモ  
五十音順索引  写真
--関連ページ--

トキイロラッパタケ

ウスタケ

フジウスタケ

ヒイロタケ

アラゲカワキタケ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ