自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >ツノコガネ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ツノコガネ
甲虫目/カブトムシ亜目/コガネムシ上科/コガネムシ科/ダイコクコガネ亜科
学名 Liatongus mimutus Motschulsky, 1860
「雄」 撮影/August,21,2020

◎分布/北海道、本州、四国、九州。

◎時期/6〜10月。

◎大きさ/7〜10mm。

◎食物/獣糞。

・頭部にある角が特徴の糞虫。体は光沢のない黒色〜黒褐色。

・頭部はほぼ六角形で、雄には長く湾曲した角がある。前胸背の両側には縦隆条があり、大型の雄では後方に突出する。

・完全変態/卵→幼虫→さなぎ→成虫

コガネムシ上科写真検索
甲虫目/写真検索はこちらへ
オサムシ/コガネムシ他
タマムシ/コメツキムシ/ハネカクシ他
カミキリムシ   ・ハムシ
ヒラタムシ/ゴミムシダマシ類
ホタル類   ・ゾウムシ類
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 大人しく止まっているので、まさか動くとは思ってませんでした。暫く目を離してる間に逃げられてしまいました。もっと色々な角度から撮りたかったのですが、残念。

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

クロマル
エンマコガネ

オオトラフコガネ

ヒメトラハナムグリ

センチコガネ

オオセンチコガネ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ