自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鱗翅目(チョウ目)ガ類 >マユミトガリバ

自然観察雑記帳/サイト内検索
マユミトガリバ(檀尖翅蛾)
鱗翅目(チョウ目)/カギバガ科/トガリバガ亜科
学名 Neoploca arctipennis
撮影/May,08,2014
「成虫」

◎分布/北海道、本州、四国、九州。

◎時期/3〜4月。

◎大きさ/開張 35〜40mm。

◎越冬状態/「蛹」。
「幼虫」

◎時期/5月。

◎大きさ/体長 30〜40mm。

◎食草/「クヌギ」「コナラ」「アラカシ」など。


・幼虫は6月上、中旬に老熟してうすい繭を作って蛹化する。成虫は3〜4月に出る。
・頭部は黒色で丸く、体はほぼ円筒形で尾端部で細まる。気門線から背方はやや青味を帯びた灰黒色。
・気門線は黄白色で気門の周囲は白色に囲まれる。各刺毛の基部には小白点があり、ほかにもまばらに小白点を散らす。
・大きい画像、他の画像へ
ガ類/写真検索@ Aはこちらへ
チョウ類/写真検索はこちらへ
幼虫写真検索はこちらへ。
【昆虫/写真検索】
・鞘翅目/オサムシ・コガネムシ他
 カミキリムシ類 ハムシ類 
 タマムシ・コメツキムシ・ハネカクシ他
 ヒラタムシ ホタル類 ゾウムシ類
鱗翅目/蝶  蛾@ A  幼虫
半翅目/カメムシ類  ヨコバイ類
蜻蛉目 膜翅目 双翅目
直翅目 その他
※判断自信度 ★★★★★
※メモ  

チョウ目/ガ類索引  チョウ類索引

--関連ページ--

アシベニカギバ

ウコンカギバ

シャチホコガ

ツマキシャチホコ

タテスジシャチホコ

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ