自然観察雑記帳> > 植物 > 樹木 >ヤマボウシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ヤマボウシ(山法師)
ミズキ科、ミズキ属
学名 Cornus kousa
撮影/May,12,2004

◎被子植物 双子葉 離弁花。

◎別名 「ヤマグワ」。

◎分布 本州、四国、九州。

◎樹形 落葉高木。

◎樹高 5〜15m。

◎花期 5〜7月。

◎生育地 山地の林内や草原など。

・葉は対生で、長さ4〜12cm、幅は3〜7cmの広楕円形または広卵状楕円形。ふちは全縁で波打ち、先端は尖る。

・花は葉の展開後に開花。花弁のように見えるのは総苞片で、長さ3〜8cmの卵形または長楕円状卵形。総苞片の中心に淡黄緑色の小さな花を20〜30個つける。

・果実は直径1〜1.5cmで球形。秋に赤く熟す。

 
・「山の幸
双子葉離弁花類(2)/写真検索はこちら

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperm
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎キク類 Asterids

◎ミズキ目 Cornales

◎ミズキ科 Cornaceae

◎ミズキ属(サンシュユ属) Cornus 

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 総苞片は白色、淡紅色、縁だけが紅色を帯びるものなどがあるようで、紅色を帯びるものを「ベニヤマボウシ」と言うらしい。

2013年12月---APG分類体系Vを追加表記しました。APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。
独立した「ヤマボウシ属」として扱うこともあるそうです。

樹木/科名別索引  五十音順索引

観察帳へ   写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ