自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ノラニンジン

自然観察雑記帳/サイト内検索
ノラニンジン(野良人参)
セリ科、ニンジン属
学名 Daucus carota
撮影/July,19,2007

◎セリ科、越年草または一年草。

◎分布 ヨーロッパ原産(帰化植物)。

◎高さ 0.5〜2m。

◎花期 7月〜9月。

◎生育地 草地、道端など。

・昭和初期に牧野富太郎によって見出され、現在は全国で普通に見られる。

・茎は有毛で稜がある。

・葉は2〜3回3出複葉で、小葉は細かく裂ける。

・枝先に複散形花序を出し、白色の小さな花を密生する。花序の基部に糸状の苞があり、花後に花序を包む。

山野草(離弁花類)/写真検索はこちら


---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperm
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎キク類 Asterids
◎キキョウ類 Campanulids
 (真正キク類U Euasterids U)

◎セリ目 Apiales 

◎セリ科 Apiaceae

◎ニンジン属 Daucus 

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 野菜のニンジンが逃げ出して野生化したものと言われるが、根は直径約1pと肥大しないし、赤くもならないらしい・・・はて ?

2013年12月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

ヤブニンジン

ヤブジラミ

オヤブジラミ

セリ

ミツバ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ