自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >カスマグサ

自然観察雑記帳/サイト内検索
カスマグサ(かす間草)
マメ科、ソラマメ属
学名  Vicia tetrasperma
撮影/May,20,2006

◎マメ科、つる性二年草。 

◎分布 本州、四国、九州、沖縄。

◎高さ 30〜50cm。

◎花期 4月〜5月。

◎生育地 日当たりの良い野原、道端など。

・「カラスノエンドウ」と「スズメノエンドウ」の中間形をなすことで、両方の頭字から「カ」と「ス」の間という事からこの名がある。

・葉は8〜15個の小葉からなる羽状複葉で頂小葉は巻きひげになって他のものにからむ。小葉は長さ1.2〜1.7cm、幅2〜4mmの狭長楕円形。

・花は葉腋から伸びた柄の先に1〜3個つける。長さは5〜7mmで淡青紫色。

・豆果は下向きにつき、長さ1〜1.5cmで、毛はない。中にはふつう4個の種子が入っている。

山野草/写真検索はこちら


---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎バラ類 Rosids
◎マメ類 Fabids
 (真正バラ類T EurosidsT)

◎マメ目 Fabales

◎マメ科 Fabaceae

◎ソラマメ属 Vicia

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 同じ仲間「カラスノエンドウ」「スズメノエンドウ」「クサフジ」「ナンテンハギ」「ナヨクサフジ」など。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・春

--関連ページ--

カラスノエンドウ

スズメノエンドウ

ナンテンハギ

クサフジ

ナヨクサフジ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ