自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ヒメウズ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ヒメウズ(姫烏頭)
キンポウゲ科/オダマキ属
学名  Aquilegia adoxoides
撮影/May,31,2006

◎キンポウゲ科、多年草。

◎分布/本州(関東以西)、四国、九州。

◎高さ/10〜30cm。

◎花期/3月〜5月。

◎生育地/山麓の草地や道端。

・ウズとは「トリカブト」のことだが本種はオダマキ属。ヒメウズ属(Semiaquilegia)とする考えもある。

・茎には軟毛がある。

・根生葉は3出複葉で長い柄がある。小葉は2〜3裂し、裂片はさらに浅く2〜3裂する。茎葉の柄は短く、基部は茎を抱く。

・枝先に直径4〜5mmの花を下向きにつける。

山野草/写真検索はこちら
ロゼット(根生葉)・若葉/写真検索はこちら。

「根生葉」 撮影/March,04,2014

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots

◎キンポウゲ目 Ranunculales

◎キンポウゲ科 Ranunculaceae

◎オダマキ属 Aquilegia

APG分類体系V/写真検索
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 他のオダマキ属は「ヤマオダマキ」「キバナノヤマオダマキ」「オオヤマオダマキ」など。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。「ヒメウズ属(Semiaquilegia)」とする考えもあるようです。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・春

--関連ページ--

ヤマオダマキ

キバナノヤマオダマキ

オオヤマオダマキ

エゾトリカブト

オオレイジンソウ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ