自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >エゾトリカブト

自然観察雑記帳/サイト内検索
エゾトリカブト(蝦夷鳥兜)
キンポウゲ科、トリカブト属
学名  Aconitum sachalinense ssp. yezoense
撮影/September,11,2005 北海道・川上町

◎キンポウゲ科、擬似一年草。

◎分布 北海道。

◎高さ 70〜200cm。

◎花期 8月〜9月。

◎生育地 林内、草地など。

・トリカブト属の中で最強の毒があるという。

・茎は直立または弓なりに曲がる。

・葉は3全裂し、裂片はさらに2中〜深裂する。

・茎頂や葉腋から花序をだし、長さ3cmほどの紫色の花をつける。

山野草/写真検索はこちら

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots

◎キンポウゲ目 Ranunculales

◎キンポウゲ科 Ranunculaceae

◎トリカブト属 Aconitum

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 亜種の関係で良く似た「カラフトブシ(ssp. sachalinense)」は、葉の欠刻片が線形になることで見分けられるようです。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・秋

--関連ページ--

オオレイジンソウ

モミジカラマツ

チシマノキンバイソウ

ヨツバシオガマ

イワブクロ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ