自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ミゾカクシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ミゾカクシ(溝隠)
キキョウ科、ミゾカクシ属
学名  Lobelia chinensis
撮影/August,23,2006

◎キキョウ科、多年草。

◎別名 アゼムシロ(畔筵)。

◎分布 日本全土。

◎高さ 10〜15cm。

◎花期 6月〜10月。

◎生育地 田のあぜなど湿り気のある所。

・溝の近くに生え、溝を隠すように繁殖することからこの名があるらしい。

・茎は地を這って長く伸び、節から根を出して殖える。

・葉は左右2列にまばらに互生。長さ1〜2cm、幅2〜4mmの披針形。

・葉腋から長い柄を出し、先端に淡紅紫色の花を1個つける。花冠は長さ約1cmで深く5裂し、裂片は横向きに2個、下向き3個つく。

山野草/写真検索はこちら


---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperm
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎キク類 Asterids
◎キキョウ類 Campanulids
 (真正キク類U Euasterids U)

◎キク目 Asterales 

◎キキョウ科 Campanulaceae

◎ミゾカクシ属 Lobelia 

APG分類体系V/写真検索

撮影/June,24,2014
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 溝を隠すほど繁殖するらしいが、花はわずかに一つしか咲いてなかった。同じ仲間「サワギキョウ」。

2013年12月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

2014年6月---久しぶりに見つけたので撮りました。見る機会は少ないですね。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

サワギキョウ

ツルニンジン

ツリガネニンジン

シデシャジン

タニギキョウ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ