自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >オニタビラコ

自然観察雑記帳/サイト内検索
オニタビラコ(鬼田平子)
キク科、オニタビラコ属
学名  Youngia japonica
撮影/April,18,2006

◎キク科、1〜2年草。

◎分布 日本全土。

◎高さ 20〜100cm。

◎花期 5月〜10月。

◎生育地 道端、畑、公園など。

・鬼は大型の意味。タビラコは「コオニタビラコ」の別名で「コオニタビラコ」に似て、大きいことでこの名がある。

・根生葉はロゼット状につき、長さ8〜25cm、幅2〜6cmで頭大羽状に深裂する。全体に柔らかく細かい毛がある。

・茎の先に黄色の頭花を散房状につける。頭花は直径7〜8mmで、舌状花よりなる。

山野草(合弁花類)/写真検索はこちら
ロゼット(根生葉)・若葉/写真検索はこちら。

「根生葉」 撮影/February,19,2014

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperm
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎キク類 Asterids
◎キキョウ類 Campanulids
 (真正キク類U Euasterids U)

◎キク目 Asterales 

◎キク科 Asteraceae

◎オニタビラコ属 Youngia 

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 同じ仲間「ヤクシソウ」。

2013年12月---APG分類体系Vを追加表記しました。同じオニタビラコ属だった「ヤクシソウ」は、アゼトウナ属に変更されました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

コオニタビラコ

ヤブタビラコ

ヤクシソウ

ノゲシ

オニノゲシ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ