自然観察雑記帳> > 動物 > 蜘蛛 > マエトビケムリグモ

自然観察雑記帳/サイト内検索
マエトビケムリグモ
クモ目  クモ亜目  コガネグモ上科  ワシグモ科  マエトビケムリグモ属(※)
学名 Sernokorba pallidipatellis
撮影/May,21,2012

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 5〜8月。

◎体長 雄 4〜6.5mm。雌 5〜8mm。

◎網型 ----

・里山〜山地に生息。樹林地周辺、林道などの地表面や倒木の下、落葉の中に潜む。
・頭胸部は黒色で中央に白い縦条がある。
・腹部には白色横帯が3本ある。

 
クモ写真検索はこちら
撮影/May,21,2012
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 白色の横帯があることで判断する事は出来ますが、横帯の無い個体も見られるとの事です。

(※)属名(Sernokorba)/マエトビケムリグモ属→ノコバトンビグモ属へ。

クモ/科名別索引  五十音順索引  写真

--関連ページ--

ヨツボシワシグモ

/ワシグモ科

メキリグモ

/ワシグモ科

フタホシテオノグモ

/ワシグモ科

コケオニグモ

/コガネグモ科

ジョロウグモ

/ジョロウグモ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ