自然観察雑記帳> > 動物 > 蜘蛛 > ジョロウグモ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ジョロウグモ(女郎蜘蛛)
クモ目  クモ亜目  コガネグモ上科  ジョロウグモ科  ジョロウグモ属
学名 Nephila clavata
「雌」 撮影/October,08,2010

◎分布 本州、四国、九州、南西諸島。

◎時期 7〜11月。

◎体長 雄6〜10mm。雌20〜30mm。

◎網型 蹄型円網

・都市部〜山地まで幅広く棲息する一般種。
・夏頃から出現し、雄は7回、雌は8回ほど脱皮をして成体になる。
・「雌」 腹部背面は黄色と緑青色の縞模様、成熟すると糸器付近が真っ赤になる。
「幼体」 撮影/July,30,2010
・大きい画像、他の画像へ覗く
クモ写真検索はこちら
撮影/October,14,2010
「雄」
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 網が全体的に馬の蹄のように見える事から「蹄型円網」と言われるらしい。

クモ/科名別索引  五十音順索引  写真

--関連ページ--

ヤマオニグモ

/コガネグモ科

ゴミグモ

/コガネグモ科

コガネグモ

/コガネグモ科

チュウガタコガネグモ

/コガネグモ科

コガタコガネグモ

/コガネグモ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ