自然観察雑記帳> > 動物 >他の動物 >ツメタガイ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ツメタガイ(津免多貝)(砑螺貝)
軟体動物門  腹足綱  吸腔目  タマガイ科
学名 Glossaulax didyma
撮影/June,12,2014
◎分布 北海道南部以南。

◎大きさ 殻長 ~60mm。

◎生息地 内湾の砂地。

・浅い砂泥地や干潟に生息し、アサリなどの二枚貝を食べる肉食性の貝。

・殻はまんじゅう形で茶褐色~濃褐色で、鈍い光沢がある。殻口は広く半円形、角質の蓋がある。

・砂を固めた卵嚢は「砂茶碗」と言われる。
 
他の動物/写真検索はこちら。
「卵嚢・砂茶碗」
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 「津免多貝」「砑螺貝」 ・・・和名の由来を調べて見たのですが解りませんでした。
他の動物/索引
--関連ページ--

タマキビ

イボニシ

レイシガイ

アカニシ

コロモガイ

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ