自然観察雑記帳> > 動物 >他の動物 >アカニシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
アカニシ(赤螺)
軟体動物門  腹足綱  吸腔目  アッキガイ科
学名 Rapana venosa
撮影/June,12,2014
◎分布 北海道南部以南。

◎大きさ 殻長 80〜100mm。

◎生息地 内湾の砂泥地など。

・内湾を中心に浅い海に生息する中型の巻貝。殻はこぶし形で重厚、堅牢。

・肉食性で、「アサリ」や「カキ」などを食べるため、養殖を行っている関係者には害のある貝として扱われる。

 
・食用。
「卵嚢・ナギナタホウズキ」
「卵嚢・ナギナタホウズキ」

・殻口が赤いことから赤螺(アカニシ)の名がある。

・卵嚢は長刀(なぎなた)に似ている事から「ナギナタホオズキ」と言われ、昔は袋の部分を吹いて遊び道具としていた。

 
他の動物/写真検索はこちら。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ  
他の動物/索引
--関連ページ--

レイシガイ

イボニシ

コロモガイ

ツメタガイ

スガイ

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ