自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >マスダクロホシタマムシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
マスダクロホシタマムシ
(桝田黒星玉虫・桝田黒星吉丁虫)
甲虫目  カブトムシ亜目  タマムシ上科  タマムシ科  タマムシ亜科
学名 Ovalisia vivata
撮影/June,27,2012

◎分布 本州、四国、九州、屋久島。

◎時期 5〜8月。

◎大きさ 6〜13mm。

◎食物 「スギ」「ヒノキ」など。

・緑色〜金緑色で、ときに青、または橙色を帯び、背面には黒藍色の斑紋がある。

・小楯板は心臓形または倒五角形。類似種の「クロホシタマムシ」は、横長の台形をしている。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。


・大きい画像、他の画像へ覗く
タマムシ写真検索はこちら
甲虫目/写真検索はこちらへ
オサムシ/コガネムシ他
タマムシ/コメツキムシ/ハネカクシ他
カミキリムシ   ・ハムシ
ヒラタムシ/ゴミムシダマシ類
ホタル類   ・ゾウムシ類
※判断自信度 ★★★★★
※メモ てっきり、類似種の「クロホシタマムシ(Ovalisia virgata)」だと思い、真剣に撮影しませんでした。帰ってから調べて解りましたが・・・思い込みはいけません。

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

クロホシタマムシ

オオムツボシタマムシ

ムツボシタマムシ

トゲフタオタマムシ

アオマダラタマムシ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ