自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >セダカコブヤハズカミキリ

自然観察雑記帳/サイト内検索
セダカコブヤハズカミキリ
(背高瘤矢筈天牛)
甲虫目  カブトムシ亜目  ハムシ上科  カミキリムシ科  フトカミキリ亜科
学名 Parechthistatus gibber
撮影/July,11,2015

◎分布 本州、四国、九州、対馬。

◎時期 6〜9月。

◎大きさ 10〜23mm。

◎ホスト 「ブナ」「イタヤカエデ」など。
・体は黒色で黒褐色の微毛で覆われる。上翅は中央後方で強く盛り上がり、翅端に向かって急傾斜する。
・後翅は退化して飛ぶことが出来ないので地域変異がある。
・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。

大きな画像、他の画像へ覗く
カミキリムシ科の写真検索はこちら
甲虫目/写真検索はこちらへ
オサムシ/コガネムシ他
タマムシ/コメツキムシ/ハネカクシ他
カミキリムシ   ・ハムシ
ヒラタムシ/ゴミムシダマシ類
ホタル類   ・ゾウムシ類
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 触角は、♂は体長の3倍以上、♀では1.5〜1.9倍程あるそうです。写真の個体は3倍位ありそうなので♂だと思います。

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

ワモンサビカミキリ

 

トガリシロオビ
サビカミキリ

アトモンサビカミキリ

 

アトジロサビカミキリ

 

コブスジサビカミキリ

 
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ